2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映文連アワード2012

今年もまた、今年が終わろうとしてますね。

最近は上映やら編集やら新作の準備やらでワタワタし、
追い越されています、日々に。
毎日の日々に追いつくぐらいのスピードで何事もやんなきゃなと思わされてます、日々に。

思えば初めてビデオカメラを持って10年が経ちました。
「あっ!」という間もなく過ぎ去ったようでもあり、
たくさんの思い出振り返れば、「なんだまだたったの10年か」と思ったりもします。

感傷に浸る、
という言葉を意識して感傷に浸ってます。
だって寒いですからね。
寒いと切なさがチョコパフェのポッキーみたいにグレードアップしますからね。


さて、
昨日は『ぼくだけの宿題』が映文連アワード2012において部門優秀賞を受賞し、
その表彰式へと言って来ました in 素敵な近未来空間国立新美術館(六本木)。

漢字14文字も続けてしまうほど、
少し長かったけど、とても立派で豪勢な表彰式で、
壇上に上がれたこと嬉しく、
賞状とトロフィーを頂きました。

表彰式が終わり、賞状とトロフィーを鞄に入れようとしたら、
「お母さんに見せるんだ!」と、
一緒に行ってた、いつもは全く感情を表に出さない岩佐くんが、
何だかムキになりトロフィーを僕の手から奪い取り自分の鞄に入れてしまいました。

「お母さんなら、仕方ないな」と思いました。
こうやって関わって頂いたスタッフ・キャストのお母さんの元をトロフィーが旅していけば、
それ以上素晴らしいことはないなとさえ思います。

DSC_0409.jpg



さて表彰式後は懇親会( Let's Party!! )。

審査員でもあり、以前別の映画祭でお会いした日向寺監督からは、
貴重な意見を頂きました。

そして前々から名前は知っていた、同じく部門優秀賞を受賞された酒井監督と話していたら、
酒井監督と一緒に来られていた林海象監督とお話しさせて頂き、
初対面でとても緊張していたのですが、
会話20秒ほどで意気投合し、
「じゃあ飲みにいこう!」と、岩佐くんと3人で新宿に行きました。

僕はかなりの人見知りなのに、
これほど急激に仲良くなってしまうというのは、
当然もちろん絶対、林監督の人柄なんだと思います。

お互いがお互いの作品を観ていないのにも関わらず、
ふわふわオムライスを食べてから監督行きつけのバーに行き、
映画・政治・夜行バスetc おもしろいお話をたくさん聞きました。
いつもは全然飲まない岩佐くんが何故かすごくハイペースで、
急にカツラを取ってしまい、最終的には「帰れ」と言われてました。

ホントに楽しい時間で、
最終的には確か「恋をしよう!」という話しでまとまったと思います。

あのバーにまた行こうと思いました。
また行って、林監督にお会いしたいな、と思います。

東京の寒さは人々の会話に霞んでしまって、
暖かさだけが残りました。

映画を作り始めて10年が経ちました。
28歳になりました。
本当の勝負はここからなんだ、
賞をもらったことで安心なんてするものか、
もっともっとおもしろい作品を作り続けていくんだ、
そんなことを、夜の新宿で思いました。

と、
何だか小学生の感想文のようになってしまいました。





そして 映文連アワード2012 受賞作品の上映が今日から始まっています。

『ぼくだけの宿題』は明日28日(水)の上映となります。




『ぼくだけの宿題』
映文連アワード2012 
パーソナルコミュニケーション部門 部門優秀賞受賞


映文連アワード2012 映文連国際短編映像祭

Dプログラム 次世代クリエーターたち

○日時 11月28日(水) 17:00~

○場所 富士フィルム西麻布本社1Fホール
      (東京都港区西麻布2-26-30)

○料金 800円




上映は17時からですが、
15時45分から他の監督さんたちと、
割と長めにトークセッションをします。

完全にノープランなので、
ほとんど素になってガチガチになるんだろうなと思います。
そんな自分は、嫌いじゃないです。

ご興味ありましたら、
こちらも是非、よろしくお願いします。

11月は嬉しいことに各地で4回も上映させて頂いています。
今年の上映は明日で最後になります。

ご来場、心よりお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sairomimii.blog45.fc2.com/tb.php/100-ae941d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

耳井啓明

Author:耳井啓明
(Hiroaki Mimii)
1984年鳥取県生まれ。
名古屋ビジュアルアーツにて
映画制作を学ぶ。
2004年東京に上京し
映画団体SAIROを結成。
映画・小説・写真と、
幅広く活動中。

詳しいプロフィール、
WORKSは、
下のカテゴリから。

SAIROのHPにて
月1作品配信中。

SAIRO公式HP
http://sairo.jp/

カテゴリ

プロフィール (1)
WORKS (16)
日記 (44)
映画制作 (13)
月1作品 (1)
映画のこと (7)
映画祭 (39)
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009 (8)
未分類 (1)

最新記事

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。