FC2ブログ

2020-08

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 6日目

090715133434.jpg

今日からは毎日SKIP通いが始まります。

6日目の今日は、
午前中から『ミリモ・センチモ』の上映。

久しぶりにお会いするキャストやスタッフの方々が来て下さり、
スタッフの1人は懐かしさからか少し泣きそうになっていました。
あれが若さというやつでしょうか。

早い時間からの上映にも関わらず、
たくさんのお客様にご来場して頂きました。
大変ありがとうございました。

上映後は舞台挨拶とQ&A。
正直鋭く的確な質問なんてされたら、
しどろもどろになり答えることが出来なくなる恐れもあったのですが、
柔軟に終わりました。

その後は下條監督の『ソロコンテスト』を鑑賞。
主演の金澤美穂さんが、
香川で『はじめての家出』を観て以来大好きなのです。
なのでとても楽しめました。

その後はSABU監督のトークショー。
SABU監督の作品も大好きで、
ご挨拶ができ良い思い出です。

そして最後は話題作、
『SRサイタマノラッパー』を。

これがものすごーくおもしろかった。
入江監督の作品は、
何気にたくさん観ています。

故郷鳥取県も、
若手に映画を作らせてくれないかしら。
すぐ飛びつくのに。

そんな今日でしたが、
明日も明後日もSKIPです。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 3日目

今日は上映される他の作品を観る為に、
朝から映画祭へ。

映画祭は埼玉県の川口市で開催されているわけですが、
埼玉県といえど、新宿からはすごく近い。
池袋からだともっと近い。
川口駅からバスで行かなくてはならないけど、
その時間を足しても、
新宿から調布に行く時間と大差はない。
各停限定ですが。

会場には大きなバルーンが出ておりました。
開催中の開と催の間が若干開いているのが気になったり。

地震体験が出来る車がありました。
1度でいいから乗ってみたい。
横揺れも縦揺れも体験できるはず。

というわけで映画を鑑賞。

1本目は、
長編コンペティションにノミネートされている、
スペインの映画『めざめ』

昔からおじいちゃんと孫の話しには弱いです。
何度も泣きそうになりながら、
改めて素晴らしいタイトルだなと思いました。

少年がめざめる映画です。
おもしろかった。


2本目は、
短編コンペティション3を。

当たり前だけど全部おもしろい。
観ると自分の力不足を猛烈に実感し、
落ち込んだりもします。


3本目は、
長編コンペティションの日本作品、
『Lost Paradise in Tokyo』

これがものすごーく良かった。
役者さんたちが生き生きとしていてそれでいて素のようで、
またどこかで観れる機会があったら観ようと思う。

その後スペシャルゲストで登壇された行定監督と、
ロビーで少しお話しをさせて頂く。

その後は、
SAIROの専属役者であり、
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で2回も出演作品が上映されている役者であり、
今最も注目されるべき役者の岩佐君と、
『ソロコンテスト』の下条監督が
同じ高校出身ということでご挨拶を。

そんな1日でしたが、
色んな映画を観て大変刺激を受けた1日でした。

SKIPシティ国際映画祭2009 1日目

090710162350.jpg

いよいよ映画祭が始まりました。

昨日の初日は
オープニングセレモニー、
『羅生門』の上映、
オープニングパーティと盛りだくさんで、
映画祭の楽しさを満喫しました。

上映された『羅生門』を観るのは初めてで、
黒澤明監督の作品は、
学生の頃に1度『生きる』を観たわけですが、
若かったんでしょうか死ぬ気なんて一切なかったのでしょうか寝てしまいまして、
なのでこの『羅生門』が、
お恥ずかしながら人生初めての黒澤明監督作品となったわけです。

そしてやっぱりというか、
無茶苦茶おもしろくて、
観終わった後にまた観たいなと思えるような作品でした。

僕はハッピーエンドじゃないような気もしたんですが、
どうなんでしょう、
良い作品というのは色々な捉え方があるということでしょうか。

お坊さんがロバートの馬場ちゃんみたいで、
志村さんとお坊さんの表情がツボでした。
それと雨の凄さです。
『剣岳 点の記』はこれ以上と聞いたので、
とても気になります。

ともかくとても勉強になったのです。


その後は恒例のパーティへ。

何気にこのパーティには、
過去に3回ほど参加をしたことがあったので、
豪勢なパーティに怖気づくこともなく、
悪酔いすることもキョドキョドすることもなく、

テーブルの確保

料理全種類確保

積極的な名刺交換

という今まで見て覚えた手順をうまく踏まえ、
あっという間にいつの間にか終わってしまい、
結局会場に誰もいなくなるという終わり方でした。

その後はパーティでお知り合いになった方に誘われ飲みに行き、
ありがたいお話をたくさん聞きまして、
次は海外の映画祭を目標に、
というかドバイを目標に、
という目標を立てたりしながら、
日付変わる頃にやっと家に着きました。

ともかくまだ初日、
今後もせっかくなので当たり前のように映画祭を楽しみたいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

耳井啓明

Author:耳井啓明
(Hiroaki Mimii)
1984年鳥取県生まれ。
名古屋ビジュアルアーツにて
映画制作を学ぶ。
2004年東京に上京し
映画団体SAIROを結成。
映画・小説・写真と、
幅広く活動中。

詳しいプロフィール、
WORKSは、
下のカテゴリから。

SAIROのHPにて
月1作品配信中。

SAIRO公式HP
http://sairo.jp/

カテゴリ

プロフィール (1)
WORKS (16)
日記 (44)
映画制作 (13)
月1作品 (1)
映画のこと (7)
映画祭 (39)
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009 (8)
未分類 (2)

最新記事

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -